フラット35の仕組みと2つのメリット

フラット35とは、民間金融機関と、独立行政法人である「住宅金融支援機構」との提携によって実現した超長期の住宅用ローンです。名前に表れているように、ローン期間は35年にも及び、中流層サラリーマンの住宅購入に利用されています。

一般的に、民間金融機関は短期的資金を扱っているため、長期の融資は難しいとされています。そこで、住宅金融支援機構では、融資された住宅ローンを買取り、金融機関にはそれを担保とした債権を発行することでこのような長期固定金利のローンを実現させました。

フラット35の最大の特徴は、35年という長期の有志であるにも拘わらず、金利が固定であるという点です。このため、借入の際に最終的な返済額とそれに伴う月々の返済額が決定するため、利用者にとっては将来設計が立てやすいというメリットがあります。金利は下がることももちろんありますが、長期的な予測は立てにくく、金利上昇の際のリスク回避が期待できます。

また、一般的な住宅ローンでは必須である保証人・保証金が必要ないことも大きな魅力の一つです。さらに、資金的に余裕ができた際、繰り上げ返済が選択肢の一つに入ってきますが、この際も手数料がかかりません。しかも、期間中何回でも繰り上げ返済手数料が無料であるため、資金に余裕ができた際にどんどん返済してしまうことで、将来的に支払う金利を圧縮することができます。

以上のように、月々の返済を固定させ、長期的な将来設計を立てている人にとっては、フラット35は魅力ある選択肢の一つであるといえるでしょう。